友人とお皿

以前にも取り上げたことがあるかもしれない話です。

2005年、大事な親友が癌で千の風になり私たちの前から姿を消してしまいました。
同じ歳で、同じ町内会に住み育ったところも近辺の街だったということで
仲良くお付き合いをしていました。
(この団地に住むようになってからのおつきあいでした)

でも 大切な友達とこんなに早く別れるなんて…夢にも思わなかった…。

その彼女の息子さんが結婚するときにお祝いでクロワッサンの食器を送ったのです。
お皿の大中小、ボールなどを。
高価なものではありませんが使いやすそうだったから。

彼女はその中の大きな皿を自分のものとして渡さなかったようです。
とても使いやすくて離せなくなっちゃった…と大笑い。

私も自分で色違いを買いました。

ある日、そのお皿におにぎりをいっぱい作って我が家へ。
友人たちみんなで集まりBQをした時です。
「大事なお皿だから忘れないで返してね!」と笑いながら帰った友人。
でも下血で急遽病院へ。
お皿を返さないまま別れることになったのです。
f
そのお皿がそのまま我が家の食器棚に入っています。
時々使っていました。
ヒビが入っていて(我が家に来た時から)今にも壊れそうなのです。

気に入ってくれていたお皿なので返そうかと思ったのですがまだそのまま。
13年が過ぎました。
彼女が気に入っていたお皿
f0041909_19143799.jpg
私が色違いで買ってきたお皿と器、
f0041909_19145195.jpg
なぜこのように気になったかというと
薬をもらいに行った病院で彼女の旦那さんにバッタリ!
旦那さんも血圧の薬をもらいに来ていただけでとてもお元気でした。
そしてフッとあのお皿が浮かんだのです。

でも今更……、言いませんでした。
ごめんね、返さないからね。
私が大事に使うよ。 ごめん。

by fu-and-boro | 2017-05-11 17:50 | Comments(8)
Commented by miqu_7cd at 2017-05-12 06:24
私もがんで亡くなった友人が町内にいました。
他の友人と一緒にパッチワークして、初めはあんまり下手でびっくりしたのですが~どんどん上手になっていきました。

私が作った巾着が気に入ったというのであげたんですが、
亡くなってから、彼女のお母さんがその私の作った巾着を
娘が作った形見だと、大事そうに言うのを聞いて、私が作ったと言えませんでした。

友人と私は、偶然にも同じ年、同じ名前でした。
だから、言わなくてもいいかな?と思うことにしました。

ブログを読んで、その時のことを想い出し…ついこんなコメント書いてしまいました。<m(__)m>
Commented by 8chantomei at 2017-05-12 08:39
そうですか。
あなたが使っていること、お友達も一番喜んでいてくれるはずだと、私は思いますよ。
お友達が大切に使って、今度はあなたに託したのかと思います。
世の中ってたくさんの縁でつながっているのですね。
Commented by isozineko at 2017-05-12 21:07
お友達の形見分けを、先にもらったようなものですね。
おかんさんが使った方が、お友達も嬉しいと思います。
正直に伝えることが、必ずしも良いわけではないですよね。
亡くなった方に寄り添う気持ちで、口をつぐむ事も優しさだなぁと思います。
本当にいろんなご縁で繋がっているのですね。
Commented by m-k7538itami at 2017-05-12 23:26
良いお話ですね♪
そのお皿を使うたびにお友達を思い出す、幾つになっても大好きなお友達がいるのは幸せですよね
形見のお皿ですね
Commented by fu-and-boro at 2017-05-13 06:02
miquさん
お友達との別れ…、本当に辛いですね。
miquさんの作った巾着がお気に入りだったのでしたら
これで良かったのかもしれませんね。
彼女が大事にしていた巾着ですもの、彼女の思いは
入っっていることでしょう。

時々無性に友人に会いたくなる時があります、昨日彼女に会いに行ってきました。
その時のこと、今日のブログで投稿します、見てください。
Commented by fu-and-boro at 2017-05-13 06:18
8chantomeiさん
彼女のことは忘れたことはなかったのですがお皿のことはここ数年忘れていました、彼女の旦那様に会って思い出したのです。
(ヒビが入っていて割れそうでしたので使うことができないでいました)
今、不思議に思えるのですが彼女からは数え切れないほどプレゼントを受け取りました。まだ使ったことのないエプロンもあります。大きな庭木も運んできてプレゼント。
早くお別れするので(57歳でした)形見分けのつもりだったのでしょうか?
きっとこのお皿もそうですね。 大事にします。
Commented by fu-and-boro at 2017-05-13 06:27
isozinekoさん
彼女からは数え切れないほどのプレゼントを受け取りました。
今考えると早くお別れするので焦って形見分けをしてくれたような気がします。カナダ旅行の時 自分で買った置物が気に入ってそれを私にもプレゼントしたいと空港まで来ているのにUターンして買いに走りお土産として受け取ったものもあるのですよ。あとで考えるとこうなることがわかっていたようでしたね。
亡くなるとわかっていてこうしておいて行ったのかも。大事にします。
Commented by fu-and-boro at 2017-05-13 06:33
クニさん
彼女からは数えきれないほどプレゼントをいただきました。
さりげなく 可愛いのであなたの分も…とかこれが似合いそうなので着てみて!…とか。
早くお別れしなければならないことを知っていたような…、そんな気がします。
そしてなくなる前にも置いて行ってくれたのですね。
大事にします。ありがとう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 千の風になった友人に会いに行っ... 今週のアレンジ >>