寒ニシン

ピカピカに光ったニシンが売っていたので買ってみました。
2匹で400円、 小樽産の「寒ニシン」とありました。

春告魚と漢字で書くくらいですので春捕れる魚だと思っていたのですが
ニシンは12月頃から取れるそうです。

今時分に捕れるニシンを「寒ニシン」と言うそうですね。


頭を取ってしまってから気がつき写真を。
立派な大きいニシンでした。
もちろん数の子は入っていましたよ。
ニシンだけでお腹がいっぱいになるくらいでした。
f0041909_14363450.jpeg

by fu-and-boro | 2018-01-17 14:39 | Comments(10)
Commented by juju3291a at 2018-01-17 19:09
大きいニシンなのですね
こちらでは生のニシンは売っていません。
かずのこは食べました【笑】
でも身の方は未体験

元気ばば
Commented by sumire-ms at 2018-01-17 20:23
生ニシンは初めて見ます。
さすが北海道ですね。
勿論売っていないし、食べたことも無しです。
ちょつと見 イワシに似ているような。
Commented by fuchan_k at 2018-01-17 21:38
ピッカピカに輝いていて美味しそうですね。
青魚が身体に良いと言われ続けていますが
こちらでは、魚はけっこうお高いので
羨ましいかぎりです〜。


Commented by fu-and-boro at 2018-01-18 09:30
元気ばばさん
生ニシンを食べたことがない…ちょっと驚きでした。
でも私も食べたことにない魚がたくさんありますものね。
加工したニシンはちょっと身は硬いですが、生は柔らかい、
刺身などは歯ごたえもあるのですが焼くと本当に身がふわふわしていていくらでも食べることができますよ。
Commented by fu-and-boro at 2018-01-18 09:36
sumire-msさん
やはり生ニシンは知らないのですね。
ところ変われば…なのですね。
いわしよりかなり大きな魚で生ニシン、美味しいですよ。
昔は保存食として箱買いでなん箱も購入、身欠きニシンや糠につけたりして一年食べるくらい保存していましたよ。
一時ニシンが全く取れなくなったのですが近年またニシンがくるようになり美味しくいただいています。
Commented by fu-and-boro at 2018-01-18 09:42
fuchanさん
ウロコがすごくある魚ですので生き良いとウロコが光っているのです。
これから春にかけてニシンが店頭を賑わすことでしょう。
そろそろ流氷到来のニュースもあります、流氷がくると毛ガニの季節…、
でも最近は海も変わってきているので北海道の漁業も大変だと思いますよ。
Commented by oss102 at 2018-01-18 17:17
寒ニシン、昨夜食べました。カズノコ入りで、我が家でも買える値段でした。(^◇^)
大根の方が高くて、大根おろしなし。(^◇^)
Commented by cosumosu52 at 2018-01-19 19:45
生のニシンはあまり見たことがありません。
光具合がイワシと間違えました。
ニシン漬けは生を使うのですか?
義母のニシン漬けを思い出しました。
Commented by fu-and-boro at 2018-01-19 20:29
ossさん
小樽産でした。美味しかったです。
1匹約200円、大根一本400円でした。
今日もスーパーの店頭に行きの良いニシンが並んでましたよ。
これかどんどん取れますね、野菜は高いけど魚が安いので助かります。
Commented by fu-and-boro at 2018-01-19 20:34
cosumosuさん
いわしよりかなり大きいです。
ニシン漬けは身欠きニシン(ニシンを干したものです)で漬けます。
ニシンの生は身がとても柔らかくふわふわした感じのする身です。
私はニシンは全国で食べることができると思っていたのですが
そうではないのですね。
日本は広いとここでも思いました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< パンパン症? 半分に切ったBOXテッシュ >>