2017年 04月 16日 ( 1 )

ギョウジャニンニク

庭の雪もすっかり解け、あちらこちらに訳のわからない緑の芽が出てきました。
北海道の春は植物の新芽が揃うまで触ることはできません。
せいぜいゴミを片付けるくらい。

落ち葉があまりにひどく虫の住処にもなってしまうので片付けていて見つけました。
北海道の春の山菜の王様、「行者ニンニク」です。
山からとってきたギョウジャニンニクに根がついていたのでうえてあったのです。
f0041909_08320733.jpg
ニラに似た匂いの山菜ですがニラより甘みがあって美味しいかも。

ただ我が家ではあまり食べることはなくニラと同じような使い方で料理です。
身体にはとても良いと言われ、年に一度でもいいから食べなさいと言われています。

もう山にはこのギョウジャニンニクが出ていることでしょう。
(今は栽培が盛んで2月頃からスーパーの店頭に並びます)
お借りした写真ですが山へ行くとこのように生えているのですよ。
f0041909_08322425.jpg
まだ周りに緑がありませんもでこのように目立つのです。

私がいつも訪れる場所、ギョウジャニンニクのある場所は野の花も多く
春、早くに咲く 、かたくり、にりんそう、エゾエンゴサク、その他
一面花畑になるのです。
ここには大切な思い出のある場所、決して忘れられない場所、
今年も訪ねていけるかな?

リンクの貼り方がわかりません。
2006年5月8日のブログをみてください。
そこに詳しく載っています。


by fu-and-boro | 2017-04-16 08:59 | Comments(12)