<   2016年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧

ペコロスの母

「ペコロスの母に会いに行く」
北海道新聞に連載されていた岡野雄一さんのコミックエッセイの題名です。
グループホームに入居している痴呆症のお母さんとのやり取りを
心温まる漫画で紹介しています。
(今は映画にもなり、舞台にもなっているようです)

近所に大型書店があり、その隣は100円ブックでおなじみのブックオフ、
時々ぶらっと出かける時があります。
本を眺めて歩くのは大型店、本を買うときはブックオフ。
本屋を眺めて歩くのは好きな方ですね。

そこで目にしたのがこのコミックエッセイ(4コマ漫画とエッセイです)
シリーズでこの本、5冊くらい出版されています。
f0041909_11243265.jpg
買いました。
車椅子にちょこんと座っているペコロスの母さん、
何か 我が母が 座っているようです、
母は痴呆ではありませんが92歳、時々ぼけたようなことを言う。
何かすごく似ている。
一人でニヤニヤしながら、時々ギャハハと笑っている。



四コマ漫画の一つです、
by fu-and-boro | 2016-07-30 11:37 | Comments(8)

神奈川産の野菜

神奈川にいる友人から野菜が届きました。
f0041909_10544547.jpg
じゃがいも、インゲンヘチマゴーヤ、エダマメ、ショウガオクラナス…。

未だ野菜は高い北海道、ありがたいプレゼントです。

野菜を送ってくれた友人夫婦、
幼馴染で同級生。
旦那が定年で家にいるようになってから始めた野菜作り。
広い農地を借り、一から教わりながら作り出した野菜、 もう10年経ちました。

「湘南焼け だ!」と日に焼けた顔と腕を見せてくれます。


by fu-and-boro | 2016-07-29 22:42 | Comments(2)

巾着よりイイかも

母娘サロンの日 バックに入れるバックを作りました。
小さめのバックinバックのつもりでしたがポーチになってしまった。


余り布の中から探し出したのは……、
確かこの布で義母のブラウスを作ったはず。
懐かしい…。
ポーチができました。(仕上げアイロン掛けてないのでシワが目立ちますが…)
f0041909_18034227.jpg
オトンが見ていてこういうバックに持ち手をつけたのが欲しいといいだした

オトン、勤めていたときは背広です、サイフ、携帯、タバコ、…
ポケットにそれぞれ収まりましたが今は入れるところがない。
巾着が欲しいということで何枚かの巾着を作ってあってそれを愛用していました。

でもオトンの好きなペイズリー模様のこの布、気に入ったようです。

作りました。
持ち手をつけてそれらしくなりました。
気に入ったようです。
f0041909_18035503.jpg
布製ですのですぐにダメになるかもしれないが生地は山ほどある。
私に手芸の神様が降臨している間は作るからね。

by fu-and-boro | 2016-07-28 18:25 | 手作り(手芸) | Comments(8)

ラジオ体操

札幌市内の小学校は今日から夏休み。
今年もラジオ体操が近所の公園で始まりました。

さあみんなと一緒に始めましょう、

出席カードももらって判(スタンプ)も押してもらいましたよ。

町内会主催のラジオ体操、いつもは2ヶ所でしていたのが
今年は3カ所になりましたので いつもよりちょっと少ないかな?
f0041909_16393668.jpg
(体操しながらパチリでしたので部分的、全体的には写せませんでした)

いつまで夏休みなのか知らないが 頑張ろう、楽しみです。

by fu-and-boro | 2016-07-26 17:36 | Comments(8)

生ラム

肌寒い朝でした。
温かい食べ物が嬉しい…。
そうだ! ホットプレートで焼肉しよう。

生ラム + 冷蔵庫の野菜整理 +我が家の収穫野菜

ホットプレートに野菜をてんこ盛り入れて
(モヤシ、しいたけ、エリンギ、キャベツ、エリンギ、ズッキーニ、絹さや、など)
その上に野菜の上に生ラム肉で蓋をするように置き焼きます。
下手な写真でごめんなさい(おいしそうには撮れませんね)
f0041909_05131022.jpg
※ 写真は全て生です。これから焼くのです。

焼けましたら いつものベルのジンギスカンのタレでいただきます。
焼きあがった生ラムの写真は撮る間も無く みんなの胃の中に…、

久しぶりの生レム肉でした。

部屋の中がジンギスカンの匂いになるのが困りものですが美味しかった。


by fu-and-boro | 2016-07-25 23:55 | 食べ物 | Comments(6)

野いちご

写真の野イチゴ ……、毎朝のように取れています。
f0041909_11131620.jpg
数年前 次男が母の日にプレゼントしてくれた野イチゴの鉢植え。
嬉しくて早速 畑に植えました。
やはりこの野イチゴも我が家の土に馴染むまでちょっと年数かかかりましたが
去年あたり結構な収穫量で喜んでいたのです。

でもこの春 畑を見て驚きました。 野イチゴが増えて、増えて…、
増えまくっているではありませんか。 隣に植えてあったアスパラが全滅状態、
楽しみにしていたアスパラは数本の収穫です。

こうなったら もう憎っくき野イチゴでしかありません。
今度は抜いて、抜いて、抜きまくりました。 繁殖力の凄さ、
このまま行けば占領されるのは時間の問題でした。

なんとかアスパラの植えてあるところを確保し野イチゴも落ち着かせました。
今は少しずつですが収穫時期を迎えています。
それでも毎日の収穫ですのでジプロップがいっぱいになりましたよ。

息子にプレゼントされたときの鉢にラズベリーとの表示してありました。
改めて植物図鑑で調べましたが
どう見てもこの辺に自生している「エゾイチゴ」のようです。

北海道にある野イチゴもラズベリーには違いないけど… 同じもの?
この辺の空き地になど どこにでもある野いちごです。
どちらもバラ科でキイチゴ属、同じ種類なのかも、 同じだよね、きっと。

増えるはずですよね、強いはずですよね。
植えた私が愚かだった。

by fu-and-boro | 2016-07-24 10:50 | 我が家の花、庭 | Comments(6)

アジサイ

我が家に来て10年、
大きくならないし花もあまりつけないので心配しましたが
今年は咲いてくれましたよ。
『カメレオン ハイドランジア』
10年前の母の日のプレゼントです。
我が家の土地にようやく馴染んできたかな?
f0041909_11125957.jpg
f0041909_12230807.jpg

by fu-and-boro | 2016-07-23 12:16 | 我が家の花、庭 | Comments(4)

夏になると思い出す

北海道もようやく夏らしくなってきました。
畑の野菜もぼちぼち収穫できるようになり短いですが夏がやって来ました。

夏になると思い出す、
我が家は海に遊びに行くより近くの支笏湖へ泳ぎに行く方が多かった。
支笏湖には何ヶ所かのキャンプ場があってそこでは泳ぐことができるのです。

海のあのベタベタ感がイヤで次男坊が子供の頃はほとんど支笏湖で遊びましたよ。

やんちゃな次男坊、小さい時から体格が良く怪獣でした。
いつも、どこへ行っても注目される、周りの人たちに注目される。
でもそんなには目立たないよね・・・と思っているうちに『気がつきました!』

我が息子、おぼっちゃまは遠くで遊んでいると私たちを呼びます!、大きな声で。
おっとォ〜 …… おっかァ〜、

どこにいてもおっとー、おっかー …。

このころ、長男はオトンにオカンでした。
でも次男はどういう訳かおっとーにおっかー、
(生まれは良いけど育ちが悪かったか!)

いつも呼ばれている私たちの呼び名に違和感はありませんでした。

でもよく考えたら、ちょっとビックリするかも、
(幼い顔をしたかわいい男の子が(?)おっかァーと叫ぶのですから)
次男が小学生 低学年の頃でした。


数年前の写真ですが支笏湖です。
f0041909_07102586.jpg

※ ブログのオカンは 長男が設定しましたので長男の呼び方です。
次男が設定していたら「おっかーの独り言」になっていましたね。

by fu-and-boro | 2016-07-22 08:00 | Comments(6)

シュンギク

春菊の花がとても可愛くて花が見たくて植えてみました。
虫もよりません、
春菊の中に雑草が生えると虫が全部食べてくれますが春菊は無事。
すべての野菜がこうなら心配ないのですけどね。
ボケボケの写真ですが…。
f0041909_18072776.jpg
摘みながら食べている春菊、
脇芽がどんどん出てくる、また今日も食べ頃。
ナムルを作りましょう、その前にちょっと鑑賞。
f0041909_18073746.jpg
花瓶にさしてありますよ。


北海道も少しずつ畑からの収穫が食卓を飾っています。
本格的になるのももうすぎでしょう。

その前にまた春菊を植えましょう、
春菊の花、すごく気に入りました。

by fu-and-boro | 2016-07-20 18:16 | 家庭菜園 | Comments(12)

くいぶち

今日は母娘サロンの日、
いつもの時間に母、次女、三女がやってきました。

今日のランチは冷蔵庫整理の炊き込み御飯に
収穫できるようになったズッキーニの天ぷらを用意しました。

いつも我が家にあるものを用意し気は使いません、

デザートはいつも妹が買ってきてくれる。
ほとんどは果物なのですが時々ケーキの時もあり。

毎回ではなく時々でいいのだと言っても
気持ちだから…、
私たちも食べるのだからと必ず持ってくる。

今日は母からだよ、とお米を5キロ抱えてきましたよ。
2〜3ヶ月に1度の割合でお米が届く。

母曰く「私たちの食いぶち分」だそうです。

食いぶち分だと言っても多く食べるわけでもなし、あるものを食べているのに…。
こんなにたくさん食いぶちをもらっていいのかしら?
f0041909_21204888.jpg
一応、北海道米では一番お高い、
我が家は毎回精米機でその都度精米したのを食べるが安いお米だよ。

今回も味わってたべるし、食べましょうね。



by fu-and-boro | 2016-07-19 21:25 | 母娘サロン | Comments(10)