母と圧迫骨折

朝、妹から「母が胸を痛がって歩くこともできない」と連絡が来ました。
胸を押さえて痛がっているという。
電話では話が見えません。
10時過ぎに病院へ連れて行くというのでとりあえず実家に向かう。

椅子に座って迎えてくれた母、
顔色も良さそうだし元気。
でも立ち上がることができません。
どこが痛いの?と聞いても
もう どの辺が痛いのか…自分でもわからなくなっている。
どこの病院へ連れていくかが問題です。
一目見て胸の(肋骨)圧迫骨折と思いました。

圧迫骨折、以前にもやっていて入院生活をしています。jm
そのとき、先生の勧めで骨粗鬆症の注射の実験台になったのです。
まだ実験台だという注射が母の体にピッタリあったようで
見る間に元気になりましたよ。 今はその注射も一般化されているようです。

内科はやめていつもお世話になっている整形外科へ。

やはり圧迫骨折でした。

高齢なのでできるだけ入院はやめたいとの妹の希望で
コルセットと週一で注射に通うことになりました。
一応3カ月間はコルセツト着用です。以前に作ったコルセットが役に立ちました。

注射は母が実験台になった注射でしょうか?
請求のときの明細を見るとその注射、11000円でした。
母の医療の負担は一割ですので1100円、助かりますね。
f0041909_15194709.jpeg
家に戻ったのは1時過ぎ、 今日も疲れました。
でも内科ではなくて良かった、心配していた気持ちが軽くなりました。

オトンが白菜を干して漬けていてくれました。
今週も忙しい週でした。


by fu-and-boro | 2017-11-17 15:44 | Comments(4)
Commented by love-t_k at 2017-11-18 00:11
年をとると骨折には気を付けないといけないんですね
お母様早く回復するのを願ってます!
Commented by oss102 at 2017-11-18 09:11
とても参考になります。転ばなくても圧迫骨折はおきるのですね。経過も教えてくださいね。準90才より。
Commented by fu-and-boro at 2017-11-18 10:31
Loveさん
母は背骨の圧迫骨折もしています。これは障害児の甥っ子の面倒をみて無理したのが原因ですが今回は捻ったか打ったか…。老人になると気をつけなければなりませんね。口だけは達者で妹にわがままを言っているらしいです。ありがとうございます。
Commented by fu-and-boro at 2017-11-18 10:43
Ossさん
歳の母です、仕方がないのかもしれませんね。
もう骨もカサカサなのでは?背骨の圧迫骨折、そして大腿骨骨折…この時は手術を付き添うつもりの朝に私も倒れ母の手術と私の手術が一緒の日でした。
そして今回。気をつけていてもこればかりはわかりません、カルシュウムをたくさん取ることを心がけるようにしなければと思っています。ossさんの太陽をたくさん浴びていること…とてもよいことだそうです。これからも続けてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 銀世界でした 漬物用の大根と白菜 >>