三平汁(さんぺいじる)

スーパーで7本1000円で買ってきた「ぬかにしん」を紹介しましたが
(2月4日投稿です)
そのニシンを使って三平汁を作りました。

北海道の郷土料理…三平汁。
冬の保存食として塩漬けにしたり糠に漬けた魚をぶつ切りにして
保存してある野菜(主に根菜類)と一緒に煮た汁のことです。(塩味です)
f0041909_18552402.jpeg
子供の頃はよく食べましたが大人になってからはほとんど食べたことがなく
(魚の入った鍋はよく食べますが…)
おとんと懐かしい味だと言いながら食べました、美味しかった。
私は変わっている子供のようでこういう魚の汁が大好きでした。
やはりオトンは子供の頃はダメだったようですよ。

保存食としての魚はニシン、ホッケ、マスなど。サケも保存していましたが
昔も高級品だったのかお客様用であり正月用でした。

この三平汁には専用のお皿があります。ネーミングも「三平皿」
形としては写真のようなお皿のことで昔はどこの家庭にも三平皿がありました。
似たような皿がありましたのでそれに盛ってみました。

糠ニシンは妹たちに配りましてあと1匹になりました、良かった!

by fu-and-boro | 2018-02-16 19:16 | Comments(6)
Commented by isozineko at 2018-02-17 06:57
三平汁って、昔の給食で食べた気がします。
糠ニシンが入っていたかは不明ですが…
実家で冬のご馳走は、九十九里浜で取れた生イワシをすり身にしたのっぺー汁でした。
沖縄では魚の汁といえば、ぶつ切りに塩味だけの潮汁とか、刺身を取った後のアラを使った味噌汁でしょうか。
食堂で「味噌汁」といえば、丼いっぱいの具沢山の魚汁にご飯とピクルスの小皿セットが出て来ます。
Commented by hanairomimi201 at 2018-02-17 09:24
北海道はニシンですね
それにしても7本で千円はメチャ安い^^気がします
福井出身の母は糠イワシが好きでした
「こんかイワシ」と言ってました・
ひとしおホッケも関西では最近です・・美味しいですね
Commented by oss102 at 2018-02-17 10:25
糠ニシンは、昔朝食のオカズでした。よくあんなショッパイものを食べていたと思います。
三平皿も今は骨董屋で高く売っていますね。以前の家で、下の方が欠けた三平皿を飾ってました、(^◇^)
Commented by fu-and-boro at 2018-02-17 15:15
isozinekoさん
タラやシャケなどでもしますし馴染みのある料理かもしれませんね。
シャケの味噌味は石狩鍋と言ってまた別の料理ですけど。
同じ魚の汁でもところ変わればでお国自慢の料理が並びそうですね。
北海道はやはり雪に閉ざされるところ、保存食での料理が多いです。
Commented by fu-and-boro at 2018-02-17 15:20
ミナミのおかんさん
糠イワシも美味しいそう。
昔の保存食ですので飛び上がるくらい塩が効いています。
今、とてもじゃないですけど食べることはできません。
塩気が気になり食べることができないのと今は何処を探してもそういう塩の効いたものは手に入らないですね。
ホッケも重しでペッチャンコで塩辛いのを食べていましたよ。
Commented by fu-and-boro at 2018-02-17 15:23
ossさん
三平皿、何処の家庭にもありましたよね。
高価なものはかなりの値段がするようですね。
私はもう一度あの塩辛いぬかニシンやシャケ、塩引きシャケが食べたいです。
手に入りませんね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 手芸…、 白髪染め >>