オンコ(松)の木の下

雪が溶け夜中の気温が氷点下にならなくなった頃から
部屋で冬を越した鉢植えの花木を徐々に外に出すことに。

最初は玄関先で直射日光に当たらず日陰になるところを選んで出しました。

そろそろ庭に出すことにしましたがやはり急に太陽に当てるわけにはいきません。

ひなが親鳥の羽根の下に隠れるようにオンコ(松)の木の下に集合です。
f0041909_18033231.jpeg
サクララン、ハイビスカス、スパティフィラム、ハンカチの木、金のなる木 etc
(ダメになりそうなサクラランが元気になりました)

これから強くなる直射日光を嫌う鉢物もあり、
これからの管理も一応大変です。

でもね、すぐに秋になりまた室内に入れなければならないと思うと…………あ〜ぁ…。

by fu-and-boro | 2018-05-12 18:02 | 我が家の花、庭 | Comments(2)
Commented by 8chantomei at 2018-05-13 19:42
そうですね。北国は室内に置くときがながいですね。室内の場所を取って、外に出すとホッとします。我が家も部屋がすっきりとしましたよ。
私も急に強い日光にあてないで、fuさんのようにしました。
Commented by fu-and-boro at 2018-05-13 20:13
8chantomeiさん
室内で育てるのは難しいです。外に出すことができるようになると
少しぐらい気温が低くても自力で生きろ!と放り出しちゃいます。
なんとか育っています(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 孫バカジジィ ヒメトクサ >>