散策路

いつも行く実家のそばにある小さな小さな自然散策路。
覗く…という言葉がぴったりの小さな公園です。
散策路と言っても数十メートルですので
入り口に入っただけでこれだけの写真が撮れます。

まだ春の気配はあります、
でももう直ぐすると木々が生い茂って鬱蒼な原始林の雰囲気がしてくるでしょう。
f0041909_07004394.jpeg
ミズバショウも花が終わり葉ばかりになりました。

シロバナオオエンレイソウが群生しています。
ニリンソウノ群生
f0041909_08453210.jpeg



ところで、北海道で春の山菜と言えばフキです、「アキタブキ」
「北海道はどこへ行ってもフキだらけだよね」とよく聞かれますが
この通り、どこへ行ってもフキです。
この辺りは住宅が立ち並んでいます。

このくらいの場所のフキでしたら収穫して食べることができますよ。
ただし、今の時期だけです。
この辺に生えているフキはほとんどアカブキで、成長すると
固くて食べることはできません。この時期だけはアカブキも美味しくいただけます。
f0041909_08455465.jpeg
私が毎年母に食べてもらいたくて塩漬けにして保存するふフキは
このようなところでは取ることはできません。
赤ブキは成長すると固くなり保存できるのは青い(緑)フキです。
誰か彼かが秘密の場所を知っていて連れて行ってもらいます。
危険な場所ではなく直ぐに取れるような場所ですが人の知らない場所。
今年も少しでよいので母のために取りに行きたいですね。

by fu-and-boro | 2018-05-20 09:03 | Comments(4)
Commented by oss102 at 2018-05-20 12:02
おいしい蕗は、水気のある場所でないとね。よくパークの帰りに採りました。自分がパークをしなくなったら、仲間には頼み辛いですし諦めてます。お母様の喜ぶ顔で張り合いがありますね。
Commented by fu-and-boro at 2018-05-21 19:46
ossさん
ドライブの途中でもフキが気になります。止まって取ることはほとんどありませんが見ているだけで楽しくなります。水気のあるところのフキは柔らかくて美味しです。母のために近いうちに取りに行って来ます。多分当別方面に。
Commented by isozineko at 2018-05-21 20:41
道路のすぐそばに、こんな素敵な場所があるのですね。
私がそこに住んでいたら、毎日通ってしまいそうです。
いいなぁ
Commented by fu-and-boro at 2018-05-24 08:51
lsozinekoさん
狭いところですが本当によいところです。
ただ鬱蒼としている原始林のようなところですのでヤブ蚊のような虫がいて追い払うのに大変。ここに来る時は虫除けスプレー持参でないと大変なことになります。
それでもこんな狭いところで貴重な山野草を見ることができるのですよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 四つ葉のクローバー 今週のアレンジはブーケでした >>