おじ

伯父が91歳で亡くなりました。
母の姉(伯母)の旦那さん。
(伯母は数年前の先立っています)

そのむかし、伯母は若くして未亡人になりました。
その時に妹である母のそばに引っ越してきたのです。
父が引き受けたのだと思います。
子供5人をを連れて。

母と伯母は一緒に暮らしたのは子供の時以来ですが姉妹ですものね。
伯母といとこ…それからの付き合いで60年以上になります。

母には心強い姉がそばにきてくれた事で嬉しかったと思います。

その時に縁があり
子供5人を抱えて未亡人になった伯母をそのまま受け入れてくれたのがこの伯父です。

仏様のような伯父。
伯母も素晴らしい人でしたので家族の絆は確かでした。
素晴らしい家族になりましたよ。

しかしお互いに田舎を離れお互いに別の地で暮らすようになります。
が引っ越した先は車で1時間半くらいの場所でしたので
時々母はを連れ遊びに行っていました。

数年前伯母は亡くなりましたが(88歳)伯父は元気で
いとこ達に囲まれて暮らしていました。

伯母が亡くなった時は母もしっかりしていましたのでお別れに参列。
伯父、寂しそうでしたがいとこにしっかりと守られていました。

あれから数年、伯父も90過ぎて病院に入院する事になりますが、
いとこ達が高齢なので知らせるのはやめようという事になったそうです。
そして亡くなるのですが 一応知らせだけです、との事。

お互いにそうしましょう…、近いうちにお参りに行きたいと思っています。

連絡をもらった時に一つだけ悔しい思いがありました。
伯父は地元の病院で入院をしていたのですがやはり何処でも長期入院はできず
転院させられたのですが地元で受け入れてくれる病院はなく受け入れてくれたのは
札幌の病院。

病院での付き添いもあり苦労したとの事。
病院の住所を知った時に私の家と同じ区なのでちかいのでは?と
思ったそうですが 心配や迷惑をかけるわけにも行かないと黙っていたとか。

病院に食堂もなく自分たちが食事をとるのにも苦労したそうです。

そうなのです!そこの病院は我が家から見えるところにあり
孫と散歩しながら通るところ。歩いて10分もあれば行けるところだったのです。

悔しいです、いとこ達が苦労していた 見舞いや付き添い、
我が家かに泊まり込みで通えたのです。
お昼を食べに我が家に帰ってこれる距離のところにあったのです。

めいわくではありませんでしたよ。
伯父と最後に会いたかった。

頭の切れる物知りの伯父。
もう一度話がしたかった…(無理だったかな?)

その事が悔しく、とても残念。
良かれて思った事でしょうがざんねんです。

伯父さん! おばさんとまた会えましたね。 よかったね。


※ 母と本当に姉妹?と言いたくなるようなきれいな伯母でした。
(母四女、伯母三女)
5人姉妹の母、3人は外人のような顔立ちですごく美人。
それに比べて長女の伯母と母は…、何処で間違ったのか…トホホ、
その母から生まれた私は母に似た。

by fu-and-boro | 2018-11-11 16:47 | Comments(10)
Commented by love-t_k at 2018-11-11 17:23
素敵な伯父様だったんですね
おば様が再婚してって事ですか?
今頃はお空で仲良くお話しでもしてるかな(^o^)
ご冥福をお祈りします!
Commented by 8chantomei at 2018-11-11 18:53
そうだったのですか。
一言言ってくれればと、それでもお世話できたのにと思われますね、。でも、あちらでは迷惑をかけてはと思われたのですね。

優しい伯父様、ご冥福をお祈りいたします。
Commented by メーメー at 2018-11-11 20:59 x
物は考えよう、知らせて貰ってて「今日はしんどいから 行けないかも」って 思う日がなきにしもあらず。
後悔は綺麗なままで 自分に反省の色があったら 後悔はもっとしんどいかも。
優しい方の周りには、みんな優しい方が集まるのですね、類は類を持って・・・
ご冥福お祈りいたします、今頃楽しくお話ししてるかも。。。
Commented by isozineko at 2018-11-12 07:35
なさぬ仲の子を5人も引き取って再婚するなんて、余程魅力的な叔母様だったのでしょうね。
心から結ばれていなければ、長い年月を暮らしてこれなかったらでしょう。
素敵なご夫婦だったのですね。
近くに居たのに役に立てなかった悔しさは分かります。
積極的に関われなかったとしても、せめて宿を提供する事は出来たのに、いとこたちの難儀を少しは軽く出来たはずなのに…と思っているのですね。
いとこさん達は、オカン一家に迷惑をかけたくなかったのでしょう。
それは、いとこさん達が選んだ事です。
優しい方たちですね。
貸し借りが無い自由な関係で居たかったのかもしれません。
オカンが気に病むことではありませんよ。
Commented by m-k7538itami at 2018-11-13 05:16
優しい伯父様ですね
伯母様は5人もの子供連れて苦労されたけれど良い方に出会えて幸せでしたね

最近、老人は長く入院させてもらえず、老健(老人保健施設)を転々としてる方が多いです
それも以前3ヶ月だったのが今は1ヶ月で出されて帰宅、そしてまた新しい老健を探します
我々がそんな時に成ったら老人が多くてどうなるんでしょう・・・不安です

従兄妹さん達も血の繋がった伯母様だったら連絡くれたと思います
昔と違い何処のお家も年々親類とは縁が薄くなる時代ですね
Commented by fu-and-boro at 2018-11-13 16:04
loveさん
いい人でした、いとこ達もそれぞれ幸せでおじを囲んで仲良くしていました。
頭の良いおじでただただ頭が下がります。
先に行っていた伯母と会えたと思いますよ。
近いうちにいとこに会いに行ってきます。
Commented by fu-and-boro at 2018-11-13 16:08
8chantomeiさん
良かれと思ったのでしょう。知らなかったとはいえ残念でした。
こんなものなのですよね、上手くいかない。
でも伯父にしてみれば娘達に囲まれて幸せだったと思います。
伯母がなくなってからのことも知ってますので。
伯父が幸せでだった事が何よりだと思っています。
Commented by fu-and-boro at 2018-11-13 16:22
メーメーさん
そうですよね。
いとこ達も私たちのことを思ってくれていたことはよくわかります。
伯父と伯母の子供達らしくみんな優しい親思いのいとこ達です、そんな親戚で私たちも幸せです。

Commented by fu-and-boro at 2018-11-13 16:30
isozinekoさん
ほんとうにやくにたてなかったこと、ざんねんです。
でもおじは娘達に囲まれて幸せだったと思います。
長女、三女が隣同士で家を建て子供のいない三女と一緒に暮らしていました。
次女はすぐそばに住んでいて何かがあればすぐに駆け付ける事ができる距離、
本当におじは幸せだったと思いますよ。

彼女達が私の父と母に世話になったと忘れずに気にかけてくれるような人たちなのです。いつまでも忘れずに付き合いをしたいと思っているいとこ達です。
Commented by fu-and-boro at 2018-11-13 16:47
クニさん
長期入院はダメになりましたね。転院する病院がないのも本当に困る。
伯父に住んでいる市もたくさん病院はあるのに同市の病院へ移る事が出来ないで1時間半かかり札幌まで運ばれたのですから…、いったいどうなっているの?と怒りを覚えますね。

おじは最後まで娘たちに見守られながら幸せだったと思います。
ジュークの好きなおじで最後まで笑わせて逝ったのではと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< すっかくなる ポカポカ陽気 >>