去年のですが・・・。

みなさんの野の花のブログを拝見するたびに ため息ばかりの私です。
我慢ができません!私のブログに野の花をアップすることにしました。
(去年の写真ですが・・・・)

毎年 必ず野の花に会いに行く所があります。
ニセコです。
雪の多いところですので 何度か足を運び会いに行きます。
雪解けと同時に顔を出す エゾノリュウキンカ(キンポウゲ科)
別名ヤチブキ
私たちはヤチブキで呼んでいます。  (5月のはじめの写真)
谷川や湿地に生育します。
f0041909_532128.jpg

f0041909_2083346.jpgf0041909_209094.jpg


ヤチブキの花が終わり 6月になると 一面 忘れな草で埋め尽くされます。
この場所は湧き水で小さな川になっているのです。忘れな草が水の中で育つとはしりませんでした。 庭で育った花の倍はある大きさです。

f0041909_2018189.jpg

f0041909_20182943.jpgf0041909_2019178.jpg

ピンボケのような写真でごめんなさい!  5月まで待ってください。
可愛い写真をお届けします。
by fu-and-boro | 2006-02-23 20:19 | 野の花 | Comments(8)
Commented by yaso-bana at 2006-02-23 21:14
「ヤチブキ」は、蕗とは<科>も違いますが「葉」は似た感じですね。
「忘れな草」も大きめで一面に咲くとなると、素晴らしい光景になるんでしょうね。
「早く、雪解けにな~れ!」と、こちらからも叫びたくなりました・・・(^^ゞ
Commented by fu-and-boro at 2006-02-24 02:18
yaso-bana さん
忘れな草の写真の(大)手前に見える葉がヤチブキ、後ろのほうに同じような葉が見えますが それがフキです。こちらのフキはアキタブキ。
人の丈くらいまで大きくなリます。
ヤチブキも山菜として食べることができるのですよ。
忘れな草は1メートルくらい水の中で茎が伸びています。
本当はクレソンで埋め尽くされていた所なのですが、 年々忘れな草の
勢力が増してきて 今はブルー一色になりつつあります。
雪解けが待ち遠しいです。
Commented by honnbako2 at 2006-02-24 11:30
忘れな草・・・可愛くて大好きで~す♪満開になると絨毯のように見えませんか?水の中で育ってるの=忘れな草、地植えのしか知らないんですが・・・。
ヤチブキ、これも初めて聞くお花です(^^ゞ
林の緑とお花の黄色がいいですねぇ~♪早く春よこ~~~い(^。^)
Commented by fu-and-boro at 2006-02-24 18:59
honnbakoさん
私も 忘れな草が水草だとは・・・?・?。  いいえ!違いました、水草であるはずがないですよね(笑) でも ここでは 水草のごとく生き生きと生育しています。
地植えのものより かなり大きく それは可愛い花が咲くのです。
ブルーの中に時々ピンクも・・・。 (見せてあげたい!)

ヤチブキも 北海道の野の花に こんなに可愛く豪華な花があったのか・・・と感激した覚えがあります。
キンポウゲ科の植物はハッとするような美しさがあるのでしょうか?
たしかトリカブトもおなじ科の植物です。
でもヤチブキには毒はありませんよ、山菜として食べることができるのです。
Commented by sachiko-haras at 2006-02-24 22:26
いいな、いいなこんなにゴージャスなお花畑が春になると毎日のように見えるなんて。
こちらのリュウキンカは1,2輪咲くと大騒ぎです。それに花は小さいです。
ニセコ・・行って見たいところです。お花畑が素晴らしいところですよね。
花便り楽しみに待っています。
Commented by fu-and-boro at 2006-02-25 08:40
sachiko-harasさん
素敵なところでしょう?
札幌からニセコまでは車で2時間弱・・・春のお花の時期は毎週訪ねて行きます。
お花の期間は短くても次から次と違ったお花に会うことができるのです。
機会がありましたら ぜひの来道を・・・。
富良野のように造られた花畑も良いですが ぜひ野の花にも会いに来てください。
Commented by cosumosu52 at 2006-02-25 22:15
ヤチブキはツワブキの親戚のようですね。
綺麗なところですね。
6月になると忘れな草の可憐なお花が咲き乱れるのですね。
何と素晴らしいんでしょう。
Commented by fu-and-boro at 2006-02-26 06:38
cosumosuさん
フキのように見ますが違うのです。ヤチブキを山菜として売っているところがあったので 皮をむくのですか?と聞いたところ笑われまして ほうれん草と同じようにゆでるだけ!と言われました。
フキ、つわぶきはキク科ですが やちぶきはキンポウゲ科 トリカブトと同じ科です。
忘れな草はブルーのじゅうたんを敷いたようですよ。
今年は気合を入れて写真に挑戦します、待っていてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ふたたび・・・。 居場所 >>