今週のアレンジ

今回のアレンジは 「交差」
何度かこのテーマでアレンジしていますが花材を茎を交差させる、
もう頭も交差してしまいます、簡単そうで難しいテクニックです。
f0041909_17084046.jpeg
(窓ガラスに私も写っていました)





札幌はまだ雪は降りません。
初雪はいつになるのでしょう。

先日紹介した札幌近郊の山々。
昨日の様子です。
f0041909_17063100.jpeg
雲が多く山が見づらいかもしれませんが雪が降っているように見えました。
今日はまだまだ白くなっているかもしれませんね。




# by fu-and-boro | 2018-11-16 17:09 | アレジメント | Comments(3)

すっかい…の続編です

皆さんはこの歌をご存知でしょうか? 


f0041909_15502396.jpeg
明治に作られた「すかんぽの咲く頃」という歌です。

北原白秋の作詞だったのですね。

もちろん私は覚えています。
「すっかい」という言葉でスーッと入ってきた歌…、
それがこの歌でした。

もしかして「すっかい」という言葉は
このすかんぽから来ているのでは?と思ったのです。

いつもメールで語り合っている神奈川の友人からすかんぽのことを
「すっかんこ」と言ってきたのです。
そう言えば「すっかんこ」ともいっていかもしれないな…?と思い出した、

ちょっと検索。

イタドリ→酸葉(葉が酸っぱい)→すかんこ
それから「すっかい」になったのでは?ということです。

「すかんこ」で思い出したのがこの歌、

私は途中まで覚えていて、オトンは最後まで歌えました。
ただしこの歌詞の中に出てくる
小学 尋常科…という所は
私…小学一年生、
おとん…小学6年生と歌いました。

酸っぱくなったニシン漬けで懐かしいことが思い出されて嬉しくなりましたよ。


ちなみに神奈川の友人は覚えていないとのこと。
ただし同級生の彼女の旦那はしっかりと覚えていましたよ。
旦那が歌ってくれたのだけど音程が狂っていてよくわからなかった…って。

ユーチューブでこの歌を聴くことができるので
友人が今日聞いてみると言っていたので連絡が来るでしょう。
(彼女、半身麻痺で頑張っているので行動が限られている、すぐには行動起こせない)

# by fu-and-boro | 2018-11-15 16:18 | Comments(10)

すっかくなる

※ タイトルの意味わかりますか?
「すっかくなる」…
北海道弁、 茨城弁でもあるそうです、下北半島あたりでも使うとか…。
方言で「酸っぱくなる」という意味。


なぜこの方言が出てきたかというと……
母の口から ヒョイとこの言葉が出たのです。

今日は母が来る日でした(母娘サロン)
いつものように母が来ました。
ますます歩けなくなっているのがわかります。
妹が情け無用に(笑)母を連れ出し引っ張ってきます。
今は週に一度の病院と我が家に来るだけになりましたがこのまま続けて
来てくれることを願っています。

1週間前にここでもアップしましたが
ニシン漬けが漬かり食べる事ができるようになりました。
この暖かい気温が続けているお陰でもあるしその暖かさが仇にもなっています。

ニシン漬けが酸っぱくなりそうなのです。
麹が入っていますので仕方がありません。
f0041909_15564921.jpeg
すっかくなるね〜…とポツンとつぶやいた。

なつかしい、でも今の子供達は知らない言葉でしょうね。

私も使ったことはありませんがよく耳にしていた言葉ですのでしっかり覚えています。
(オトンは知らない言葉だと申しています)

たぶん母が言った言葉を覚えていたのでしょう。

ニシン漬け、母はとても喜んでくれました。
早速お持ち帰りでしたよ、その分も多く漬けましたよ。

これからの寒さを期待して(期待はしたくないが)
もう一度ニシン漬けをつけるために材料調達してきました。

材料を揃える人、漬ける人を再びやる事になりました。

# by fu-and-boro | 2018-11-13 15:53 | 食べ物 | Comments(8)

おじ

伯父が91歳で亡くなりました。
母の姉(伯母)の旦那さん。
(伯母は数年前の先立っています)

そのむかし、伯母は若くして未亡人になりました。
その時に妹である母のそばに引っ越してきたのです。
父が引き受けたのだと思います。
子供5人をを連れて。

母と伯母は一緒に暮らしたのは子供の時以来ですが姉妹ですものね。
伯母といとこ…それからの付き合いで60年以上になります。

母には心強い姉がそばにきてくれた事で嬉しかったと思います。

その時に縁があり
子供5人を抱えて未亡人になった伯母をそのまま受け入れてくれたのがこの伯父です。

仏様のような伯父。
伯母も素晴らしい人でしたので家族の絆は確かでした。
素晴らしい家族になりましたよ。

しかしお互いに田舎を離れお互いに別の地で暮らすようになります。
が引っ越した先は車で1時間半くらいの場所でしたので
時々母はを連れ遊びに行っていました。

数年前伯母は亡くなりましたが(88歳)伯父は元気で
いとこ達に囲まれて暮らしていました。

伯母が亡くなった時は母もしっかりしていましたのでお別れに参列。
伯父、寂しそうでしたがいとこにしっかりと守られていました。

あれから数年、伯父も90過ぎて病院に入院する事になりますが、
いとこ達が高齢なので知らせるのはやめようという事になったそうです。
そして亡くなるのですが 一応知らせだけです、との事。

お互いにそうしましょう…、近いうちにお参りに行きたいと思っています。

連絡をもらった時に一つだけ悔しい思いがありました。
伯父は地元の病院で入院をしていたのですがやはり何処でも長期入院はできず
転院させられたのですが地元で受け入れてくれる病院はなく受け入れてくれたのは
札幌の病院。

病院での付き添いもあり苦労したとの事。
病院の住所を知った時に私の家と同じ区なのでちかいのでは?と
思ったそうですが 心配や迷惑をかけるわけにも行かないと黙っていたとか。

病院に食堂もなく自分たちが食事をとるのにも苦労したそうです。

そうなのです!そこの病院は我が家から見えるところにあり
孫と散歩しながら通るところ。歩いて10分もあれば行けるところだったのです。

悔しいです、いとこ達が苦労していた 見舞いや付き添い、
我が家かに泊まり込みで通えたのです。
お昼を食べに我が家に帰ってこれる距離のところにあったのです。

めいわくではありませんでしたよ。
伯父と最後に会いたかった。

頭の切れる物知りの伯父。
もう一度話がしたかった…(無理だったかな?)

その事が悔しく、とても残念。
良かれて思った事でしょうがざんねんです。

伯父さん! おばさんとまた会えましたね。 よかったね。


※ 母と本当に姉妹?と言いたくなるようなきれいな伯母でした。
(母四女、伯母三女)
5人姉妹の母、3人は外人のような顔立ちですごく美人。
それに比べて長女の伯母と母は…、何処で間違ったのか…トホホ、
その母から生まれた私は母に似た。

# by fu-and-boro | 2018-11-11 16:47 | Comments(10)

ポカポカ陽気

札幌の気温は下がる気配はない。
近郊の山にちょっぴり積もった雪も跡形なく消えました。
初雪はいつになるのでしょう?

今日は孫ちゃんの来る日でしたので…、
天気に誘われて孫と近所を散歩。
近所の公園めぐり。
半袖で遊んでいる子がいました。
いくら暖かいとは言え外で半袖はちょっと無理。
でもそのくらいでも大丈夫な札幌でした。

まだ紅葉が楽しめました。
f0041909_16502916.jpeg

※ 伯父が亡くなったと連絡あり。
91歳でした。
母の姉のご主人。
親族の中でこの伯母、伯父、そしていとこ達と家族のような付き合いでした。

このことはまた後日投稿します。


# by fu-and-boro | 2018-11-10 17:00

札幌近郊の山

2~3日前、近所のスーパーの屋上から撮った近郊の山々。
f0041909_17591973.jpeg

雪が少しあるのがわかりますか?
白く見えるのが雪です。

札幌は午後から雨になりました。
この山々はどうなったでしょうか?

雪になったか…? 解けてしまったか?

2~3日中にまた買い物に行く予定。
晴れていたら写真撮ってきますね。

それにしても暖かい。
札幌の初雪はいつになるのでしょうか?

# by fu-and-boro | 2018-11-08 18:00 | Comments(6)

ポリ袋(ジプロック)で漬けるニシン漬け

ニシン漬けをご存知でない方もいらっしゃるようですね。
簡単に作ることができるレシピ紹介します。

ポリ袋でニシン漬け……、保管は冷蔵庫。

道産子の友人が東京でどうしても食べたいと作ったニシン漬け、
わりとうまくできるそうですよ。

身欠きニシンが手に入りましたらぜひおためしください。
f0041909_12080055.jpeg

材料…
大根 …1/2
人参…1/3
キャベツ…1/4
生姜…1かけ
身欠きニシン…4~5本
麹…50~100
塩は材料全体の重さの3パーセント

大根、キャベツは食べやすい大きさにブツ切り、
にんじん、生姜は千切り。

材料全量の3パーセントの塩で漬け込みポリ袋に入れて空気を抜く。
冷蔵庫に1日寝かす、ポリ袋の空気を抜くことで野菜から水が出ます。

冷蔵庫に野菜を入れたところで身欠きニシンをお米のとぎ汁にしたしておきます。

次の日に水分の出た野菜と身欠きニシン(2~3センチに切る)と
ぬるま湯でほぐしておいた麹を混ぜ
再びポリ袋の空気を抜いて冷蔵庫へ。
その時酢を少々入れます。

4~5日で食べることができます。麹は寝かすことでまろやかになります。
北海道の漬物、ニシン漬けでした。

麹が入り、魚(身欠きニシン)が入りますので
暖かいところに保存するとすぐに酸っぱくなります。
必ず冷蔵庫で保管お願いします。

# by fu-and-boro | 2018-11-08 12:49 | Comments(4)

紅葉のドウダンツツジ


我が家の裏の狭い庭に ただいま紅葉真っ最中のドウダンつつじが見ごろです。

例年だともう寒さがきていますので紅葉も終わっているのですが
今年は異常な暖かさで初雪もまだ(大体10月20日過ぎには初雪が降ります)
暖かいことにはとても助かっていますが…、これからが怖いです。
f0041909_10381025.jpeg
ここは裏へ行かないと見ることができないためこの存在を忘れられることも度々。

でも 今年は暖かい日が続いているので
外へ行く回数が多くしっかりと見ることができました。

外回りの片付けも終わりいつ雪が降っても大丈夫です。

でも暖かい日が続くなぁ〜…。

# by fu-and-boro | 2018-11-07 14:16 | Comments(6)

用意する人、漬ける人…

漬物の季節になりましたが気温が高くて漬けることができません。
気温が高いと漬物の味が変わってしまう。

でも我が家の畑の大根(小さな小さな大根ができました)早めに使いたい。

というわけで ニシン漬けをつけました。

私…材料を用意する人。
おとん…すべて用意された材料を漬け込む人。

材料と樽を目の前にして私の号令が響きます。
※ 塩! 大根! キャベツ! 身欠きニシン! ニンジン 生姜! 麹!
はい!あとはこれの繰り返し!

せっせと漬け込んでくれましたよ、オトンが。

ちょっと身欠きニシンが足りなかったようだけど 12月になったらもう一度漬けよう。
f0041909_09092919.jpeg
重しを乗せて少し落ち着いたニシン漬け、
ニシンがほとんど見えませんがこの中にかなり入っています。


我が家の大根、玄米漬けを漬けるために今干しています。
ちょっと大きめなのを干しました、ニシン漬けは本当に小さな大根で漬けましたよ。
f0041909_09094102.jpeg

# by fu-and-boro | 2018-11-06 09:13 | Comments(8)

息子から届いた星空の写真

f0041909_07544496.jpeg
f0041909_07543188.jpeg
昨日の夜、息子から星空の写真が届きました。
気温3度の世界で寒くて震えているけど星空が素晴らしいとのコメント。

(写真でちゃんと星空がわかるのだから本当に素晴らしかったでしょうね)

息子一家、キャンプです。
(場所は長沼、栗山町方面)

澄み切った空に輝く星、
見たいなぁ〜…、

震えながら星を見るのもいいかもね。


昼間お嫁さんから届いた写真。
f0041909_07563804.jpeg
f0041909_07562143.jpeg
f0041909_07565763.jpeg
f0041909_07570965.jpeg
バーベキューの横でこんなものまで作ったようですよ。
f0041909_07572614.jpeg

# by fu-and-boro | 2018-11-03 09:35 | Comments(10)