<   2014年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧

2006年のCDから

片づけしていたベットの下から懐かしい写真が出てきました。

フーとボロのバトル。
向こうでもじゃれている?

長くなりますが見てくださいね。

リフォームする前の家ですので雑然としています。
バトル以外は見なかったことに・・・。
f0041909_152257.jpg
f0041909_1521357.jpg
f0041909_1522396.jpg
f0041909_1523389.jpg
f0041909_1524325.jpg
f0041909_1525481.jpg

f0041909_1534225.jpg

あれ? 何だか体勢が変わってきましたよ。
f0041909_1535771.jpg

おっ!・・・フータン やるじゃない。
f0041909_1542177.jpg

いつもギャーギャー言って おかんに助けを求めて来たのにやるときはやったのね。
f0041909_1543771.jpg

戦い済んで一休み、  
f0041909_1545173.jpg

こういうときもあったのね。
思い出たくさん残してくれたものね。
また片付けしなくては・・・、また会えるかもしれないね。
by fu-and-boro | 2014-06-29 15:21 | 思い出のフーとボロ | Comments(8)

ジャガイモの花

毎日家に居ると時々無性に外へ出かけたくなる。

思い立ったが吉日・・・なんていうことはないがちょっとドライブ。

札幌近郊の田園風景はどうなっているのかな?

ジャガイモの花が満開でした。
ニセコ辺りの風景でしたら見渡す限りジャガイモ・・・なのですが
札幌近郊の風景はこじんまりとしています。
f0041909_18142381.jpg
f0041909_18143637.jpg

ナス科のジャガイモ、
花はナスにそっくりですね。

メイクイーンの花                      キタアカリの花
f0041909_18303616.jpgf0041909_18313377.jpg







我が家にも少しだけどジャガイモを植えています。
母が狙っているのです、 「もう少ししたら新イモが取れるよ!」・・・って。
「少し土を掘るとイモが見えてくるはず…、ちょっと掘って見たら?」
土の中からイモが出てくるとワクワクしますよね、母はその喜びを知っている…。
収穫のときはぜひ母に手伝ってもらいましょう。

途中で野菜直売店がありお買い上げ。
f0041909_1982780.jpg

キャベツ 100円
白菜   100円
アスパラ・ ホワイト  各200円
白菜は見事に虫食い、  ・・・きっと美味しいことでしょう。

by fu-and-boro | 2014-06-27 19:12 | 札幌近郊 | Comments(10)

今週のアレンジ

クレッセントバージョン・・・、今日のテーマーです。

「アレンジの基本型、クレッセントを大胆に生けてみよう」がテーマーなのに出来上がったら
大胆がなくなっていました。
スモークツリーを使ったので少しは大胆に見えるかな?



f0041909_16290432.jpg

  スモークツリー・・・、 よく見かける木ですが、大きくなりすぎて
  我が家には不向きだと思っていましたが このように生けて楽しむことが出来る。
  剪定すれば小さく楽しむことが出来るそうです。
  購入しようかな?


サクララン、無事に咲いています。
by fu-and-boro | 2014-06-26 16:56 | アレジメント | Comments(8)

コウリンタンポポ

この時期になると咲きだすコウリンタンポポ。
f0041909_16574923.jpg

野原や近くの空き地などはこのタンポポで真っ赤です。

見ている分にはとても綺麗、 あっという間に増える。

空き地などはすぐに占領されてしまう。
f0041909_16581517.jpg

ヨーロッパ原産の主に北海道に帰化した植物で検索すると
本道の生態系等へ大きな影響を及ぼしており、防除対策の必要性について
検討する外来種に指定している・・・とありました。


綺麗なのですが増え方が異常です、 強い植物。

コウリンタンポポで思い出すことがあるのです。
20数年前 友人のご主人がモスクワへ仕事関係で行っていました。
(その頃はまだソ連と言っていた時代)

私にまで琥珀のブローチをお土産に買ってきてくれた優しいご主人。
奥さんへのお土産の中には花の種がありました。
花の種を持ち込むのは大丈夫かなと思ったのですが
よく見ると北海道でも栽培されているもの、(ご主人は花を知らなかった)
昔から知っている矢車草、百日草の種があったのを覚えています。
(後は忘れましたが・・・)

その中にこのコウリンタンポポの種が入っていたのです。
(ソ連ではこのタンポポは花の種として売っているのです)
友人と大笑い。
ジャマなくらい空き地にあるタンポポ、
お土産にするような気の利いたものがなかったとかで
花の好きな奥様のお土産にしたようです・・・。
今考えるとあの頃のソ連って国が大変な時期だったのですね。

このコウリンタンポポも観賞用として外国から持ち込まれたようで
私の幼い頃にはなかった花ですね。

by fu-and-boro | 2014-06-24 16:57 | 野の花 | Comments(12)

ぎょうざ

ギョウザが食べたいと騒いでいたおとんの要望にこたえて

今日の夕飯はギョウザにしました。

「具」作りのおかん、
包む係りのおとん。

今日はちょっと多めの60個、
いつもは40個で間に合うのだが
少し冷凍にしておこうと思い多くなった。
急ぐ時やお昼にスープが欲しいときなどとても便利。
簡単にギョウザスープが出来上がる。

長男が一緒にいるときは100個作っていたよ。

いつもはおとんが1人で包むのだが今日は私も手伝った。
おとん作
f0041909_21154191.jpg
おかん作
f0041909_2116353.jpg







結局3人で45個食べた。
おかん11個
おとん13個
次男 21個
動くと口からギョウザが出てきそうだ~!   お見事な家族でした。
(私はギョウザだけで夕飯は終わりました)
by fu-and-boro | 2014-06-23 21:20 | 料理 | Comments(4)

果樹園(?)

雨降りが続いた北海道にやっと青空が来ましたよ。

そろそろ路地植えのイチゴの季節。

我が家にほんの少しあるイチゴも赤くなって来ました。
f0041909_180951.jpg

日の当たらないところに植えていますのでお味の保障はありません。
それにこの長雨で腐ってきたイチゴもあります。

ブルーベリー、 木苺の木にも実がついています。
この実が収穫できるのはまだまだ先でしょう。
f0041909_18171419.jpgf0041909_1817329.jpg
f0041909_18175848.jpg

実のなる木には虫がつくような気がして植えていなかったのですが
いつの間にか木苺とブルーベリーの木が我が家にある。



去年から少しずつ収穫が出来るようになり
ジャムを作りました。
単品でジャムを作るだけ
収穫は出来ませんので
普通のイチゴに木苺をプラス、
ブルーベリーにブラックベリーをプラス。


実を収穫するたびに冷凍庫で保存、
最終的には大きなジプロップに
満杯に収穫が出来る。



これが思ったより美味しく家族に好評。








今年も張り切って作るつもりでしたが雪で木が折れ、
収穫は期待できそうもない。
足りない分はスーパーへ買出しに走ることでしょう。
by fu-and-boro | 2014-06-22 19:03 | 家庭菜園 | Comments(6)

サクラランが咲きました

ようやく・・・ようやくサクラランが咲きました。

我が家に嫁入りして1年数ヶ月、 サクラランがようやく咲いてくれました。

何度も何度も蕾は持つのですが1~2センチになるとパラパラと蕾が落ちてしまう。

どうしても大きくなりません。

自生している石垣島にお住まいで自分でもサクラランを育てている isozineko さんから
空気の動かない場所に置いてあるのでは?とコメントを頂きました。

いつも置いてあるところが空気が動かない場所だったのです。
 
部屋の日の当たる暖かい場所をと気にしていましたので窓のすぐそばでしたが
まだ寒かった北海道、 ここの窓は開けたことがありませんでした。

安定の悪い、大きな鉢植えですのでそばにもあまり行かなかった。
澱んだ空気の中で過ごしたサクララン、咲けなかったのですね。
f0041909_17271281.jpg

場所を移動したといっても玄関に持って言っただけなのですよ。
朝日が入り程よい温度、玄関の開き閉めがありサクラランにとってはよいかんきょう

今8個の蕾をつけています。
f0041909_17272523.jpg

これから次から次と花開いてくれるでしょう。

サクラランについてコメントして下さった皆さん、
お騒がせしました。
無事かなが開きましたよ。

「澱んだ(淀んだ)空気」と言う言葉も勉強しました。
自然は素晴らしい。

なんとなく増えつつある鉢植えの植物、
やはり鉢が気になりだしました。

気に入った鉢ってなかなかお目にかかれませんね、
ちょっと目に入ったのでお買い上げです。
f0041909_185253.jpg

バラの模様の鉢には何を植えましょう・・・?
やはり緑の葉っぱがいいですね。
by fu-and-boro | 2014-06-20 18:06 | 我が家の花、庭 | Comments(12)

誕生日でした

90歳の母がいつも言う。
こんなに年を取るはずではなかった・・・と。

同じ思いの私、  
この思いは皆同じ、全ての人たちが思うことでしょう。
こんなに年を取るはずではなかった・・・と。

今日、6月19日、 68回目の誕生日でした。
認めたくない歳だが間違いない。

今さらおめでとう・・・でもないので家族には黙っていた。
多分忘れているだろう。
母の日に誕生日の分も一緒だよとプレゼントは貰っているし・・・。


でも、でも・・・、おとんがお花をプレゼントしてくれましたよ。
花のことなど全く分からないのに可愛いからと2鉢買ってきてくれた。

f0041909_2114973.jpgインパチェンスと
ハイビスカス(黄色)




お花のプレゼントは
いつでもうれしいものです。

たとえどんなものでも心が和みます。

フーとボロがいなくなって
少しずつ鉢植えのお花が増えてきました。
お前たちの変わりに花たちを育てるね。

by fu-and-boro | 2014-06-19 21:25 | 自分のこと | Comments(12)

八重の百合

大河ドラマのようなタイトルですが
今日のアレンジ教室で八重のユリを使いました。

ユリに八重咲きがあるなんて知らなかった。
いろいろな種類があるようですね、
花が2枚重なったようなユリがあるようでちょっと不思議な気がした。

f0041909_16472970.jpg
今日、教室で使ったユリは
黄色で花びらが何枚もある八重のユリ。












「八重咲きのユリの存在感を出すように生けましょう」と言われたが
他の花も大きく目立つので困った。
f0041909_1653527.jpg


最近、レッスンに使うお花がとても豊富。
全部は使い切れない。
使い切れないのに先生のところで余ったお花も
皆に分けてくださる・・・、そんなわけでお持ち帰りもかなりある。
他のところにもいろいろ飾れそう。
真っ先にトイレだな・・・。  トイレにお花飾るの大好き! 癒される!~
by fu-and-boro | 2014-06-18 17:03 | アレジメント | Comments(8)

10日ぶりの青空が・・・

f0041909_1761235.jpg家庭菜園のピーマン?それともシシトウ?
どちらかなのだが今は分からない。
収穫が出来るようになると分かるでしょう。

まだ小さい?・・・   (?)




我が家のある場所は高台にあり6月中ごろまで風の強い場所なのです。

家庭菜園の野菜たちには風に当たらないようビニールで囲っています。
トマト、きゅうり、なすなどは囲ったのですが
このシシトウ?ピーマン?を囲うビニールがなくなり
仕方がないので「お前達何とか自力で生き抜け!」と送り出したのです。

たくましく生き抜きました。
背は伸びなかったけどがっしりと図太くなっていましたよ。

困難を生き抜いたあなたたち、
未来は輝かしいでしょうか?

収穫時はスターになるかな?


札幌、ようやく青空が・・・。
10日ぶりです。

梅雨のない北海道なのにこれでは梅雨そのものですよ。
毎日の土砂降りには驚きました。
北海道にも梅雨らしきものはあるが
雨量が少なく梅雨と表示することは出来ないとか。
この時期のじめじめした天気を「蝦夷梅雨」といっているそうです。


二十日大根が収穫できるようになりました。f0041909_17191824.jpg今日母が来てどっさりお土産に・・・。
柔らかい葉なのでおしたしに最高です。
by fu-and-boro | 2014-06-17 17:18 | 家庭菜園 | Comments(6)