<   2016年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

4月も今日で終わりですね

朝から雪が降ったり止んだり、雨になったり、
時々、アラレになったりミゾレになったり
部屋は朝から暖房入れっぱなしです。
(道東は大雪のようです。雪は降らない根室も大雪だとか。
私の育ったオホーツクに面しているところも大雪です。
こちらの方はこれからが色々なお花の季節、シバザクラで有名なところ、
チューリップで有名なところ、みんな大丈夫かな?)


せっかく桜前線が札幌まで来ているが足踏み状態でしょうね。
明日から晴れるらしい、
明後日の気温予想は20℃になっているのでお花見によりになると思います。

どんよりとした天気につられて私もどんより気分、
せっかく咲いた庭の花も寒そう。
雪の時は気温がそれほど低い時ではないので
お花が凍るということはないと思うが、夜の気温が心配です。

一週間前に紹介したエゾムラサキツツジです。
雪が降っているのですが分かりませんね(写っていないですね)
f0041909_14194410.jpg
晴れた日の桜を紹介したいですね。

by fu-and-boro | 2016-04-30 14:22 | Comments(4)

我が家の庭はようやくお目覚めのようです。

明日から連休ですね。
北海道は待ちに待ったゴールデンウイークだというのに
お天気はイマイチで明日から雨模様。 気温も10℃以下のようです。
予報では1日から晴れマークが付いていますのでなんとか
春を楽しむことはできると思いますが、
毎日GWの私たちは 人混みを避けて大人しくしているつもり。

ニュースで 「花冷えの……」と言っていたが
北海道は花冷えと言えるだけの花は咲いていない。

我が家の庭で咲いているお馴染みの花を紹介します。

まだ花の目は出揃っていませんので触るわけにはいきませんので
汚らしい花畑ですが花はちゃんと咲き出しました。
f0041909_11594075.jpg

f0041909_11594936.jpg
f0041909_11591306.jpg
f0041909_11592231.jpg
f0041909_11593100.jpg

水仙
ヒヤシンス
園芸用 カタクリ
スノーフレーク
オキナグサ

やっと咲き出した我が家の庭の花です。
他の花たちの芽も早く出て欲しいものです。


by fu-and-boro | 2016-04-28 12:57 | Comments(6)

早とちり

私の早とちりで友人に迷惑をかけるところでした。

昨日の朝刊、 おくやみ欄の我が区のコーナだけは見るようにしている。
特に町内の住所には気を配る。

昨日、
友人の名字と住所が同じ方のお悔やみ欄に載っているではありませんか、
奥さんが喪主になっている。
「えっ、…?友人の旦那さんが亡くなった?」
奥さんとは友人だがご主人さんとは挨拶をするくらいでほとんどしらないのです。

友人の奥さんの悲しみを思うとジッとして入られません。
すぐに駆けつけたい。

とっさに喪服は?
香典袋はあったかな?
そういえばお数珠は何処だったかな?

頭がぐるぐる回る。

でもよく見ると亡くなった方の年齢が出ている。84歳。
友人は75〜6歳、ご主人と9歳も離れてる?
しかし喪主の奥さんの名前は友人と同じだから間違いないと思う。

すぐに友人宅へ駆けつけるべき用意をしようとしましたが

友人宅の住所と同じ住所が記載されていたが何条何丁目だけで
番地は記載されていなかった。

もしかしたら…と思いでもう一度調べる。

友人のご主人ではなかったのです。
こんな偶然ってあるのかしら?
何条何丁目までは合っているが番地が違っていて お会いしたことのない方でした。

早とちりと言うべきか、

何条何丁目まで一緒、
奥さんの名前も字まで一緒。
間違えますよね。

大騒ぎにさせてしまうところでした。

とことん調べました。
他の友人たちに声をかけなかったので何事無く終わった。

ホッとしたのと冷や汗が出たのといっしょでした。

by fu-and-boro | 2016-04-27 13:53 | Comments(8)

雑巾

今日は母娘サロンの日、

母が毎回新聞や本を読むだけになり制作意欲はゼロ。
先々週、このブログでなんとかしなくては…と投稿しました。
「魔女の尻尾!」のisozinekoさんが色々とアイデアをくださった。
その中で雑巾を作り寄付するのは?と…。
これはいいことかもしれない。

使っていないタオルもあるし、小学校や近所のグループホームなどに
寄付することが出来るかもしれない。
とりあえず、作ってみようということになり行動開始になりました。

集まったタオル。
懐かしいタオルが出てくる。
タオルの色も変わっている、何十年前のもの?
f0041909_14501440.jpg
いざ縫うときになってどのような縫い方が良いのか検索してみた。

たかが雑巾なのに されど…なのです。
縫い方もいろいろあります、大きさもいろいろあります。
手縫だと恥ずかしいとか新しいタオルでないとダメという方もいました。
(とりあえず集まったのは全て新しいタオルです)

調べる人がいるのですから(私のように)答える方もいますよね。
雑巾談義、楽しいひと時でした。

たかが雑巾です! 自分の縫い方で適当に作ります。

でもされど雑巾なのですよ、
雑巾を侮るなかれでした。
寄付できるように一生懸命作らなくては。

92歳のおばあちゃんが作った雑巾、
もらってくれるところはあると思いますよ。

by fu-and-boro | 2016-04-26 15:23 | Comments(14)

息子んちのバーベキュー

桜前線が津軽海峡を渡り函館に上陸しました。
さあ!これから駆け足で北に登ることでしょう。
札幌の開花予想は28日とのこと(?…多分、)
いい季節になりました。
今日の日曜日はどこからともなく焼肉の匂いが…、
みんな、待ちに待っていたバーベキュー日和がやってきましたよ。


御多分に洩れず息子夫婦から焼肉の模様を知らせるLINEがきました。
「息子よ、お前もか!」
アウトドア派の息子、 じっとしているはずがないよね。
どうしても外で焼肉食べたいと………、孫ちゃんとプリンは大喜びだよね。
f0041909_20133476.jpg


f0041909_15325856.jpg
f0041909_15332062.jpg
今度は一緒に…とご招待を受けましたよ。
ビール持参で行きますか!
我が家は 女は酒に強し!なのです。



by fu-and-boro | 2016-04-24 16:02 | Comments(14)

エゾムラサキツツジの思い出

北海道の春は 山を先取りする山ツツジ、
このエゾムラサキツツジです。
(我が家の庭に咲いたエゾムラサキツツジ)
f0041909_14211750.jpg
この辺の山ではあまり見ることはありませんが、中学生まで住んでいた
オホーツク海に面した山々にはいたるところで咲いていました。

私がまだ小学生低学年の頃
このツツジの咲いている山の中腹のゴツゴツした岩場まで登ったのです。
近所のお姉さんふたり(中学生)とお姉さんの弟ふたり、そしてわたし
私が一番年下でついていくのがやっと…、
でも頑張ってツツジの咲いている岩場まで登りました。
今でも覚えています、
風が気持ちよかったのと景色がすばらしかったこと。
必死に登ったのに我が家が手に取るように見えたこと(すぐそばで近かった)
お姉さん達も感激してここでお昼ご飯を食べようとになり
一緒に登った弟にお弁当を作ってもらってここに持ってくるように言いつけた。
私も母に言って!とお願いした。

弟さんはあっという間に山を降りていった。

それから間もなく叫び声が聞こえてきた。お姉さんのお母さんが叫んでいる。
叫ぶと聞こえるくらいの近さだったのです。
「何寝ぼけたこと言ってけつかる、さっさと降りて来い!」でした!

母はお弁当と急に言われても何もないので
小麦粉で今で言うとパンケーキのようなものを
焼いてやろうと用意してくれていたそうです。
でも「何を言ってけつかる」と叫んでいる
お隣のおばさんの声を聞いてやめたそうな。

お隣のおばさんはどこの出身だったのかな?
ケツカルという言葉は聞いたことのあるが お隣のお姉さんの風になびく気取った顔と
このケツカルの言葉のギャップが面白くいまだに覚えているワンシーンです。
(今、お姉さんは我が家から1時間ほどのところに住んでいて
実家の母とはいまだに行き来があります)

あの時 母が作ってくれようとした小麦粉のパンをあの岩場で食べたかったなぁ〜、
食物の恨みは恐ろしいよ。

by fu-and-boro | 2016-04-23 14:29 | Comments(12)

納戸の宝物

我が家をリフォームした時にどうしても処分できないものを納戸と
開かずの間に詰め込んだ。

その納戸に昔の小さなバイクが入っている。
オートバイ大好き人間の長男にあげるからどうにかしてと言っていた。

(長男は昔からハーレーに乗っているいます。
オートバイ仲間と楽しくやっている長男さんです。
次男は車には全く興味はないようですね。)

もらって欲しいバイクは30年前のバイク、
オトンが一度家の周りを走らせたことがあるだけで
走行距離1キロも走っていません。

息子が片付け方々バイク探しに来ました。
納戸には息子の大学の時の専門書や趣味で作ったビールなどが置いてあります。
(中身の入った自家製のビール、よく爆発しなかったね)

息子が探し出したバイク。
ホンダのモトコンポ (持ち運びができるバイクです)
f0041909_06420630.jpg


タイヤはパンクしているし鍵は行方不明、
車検証もないし…、
でも全部OKだそうで自分で手続きはできるらしいです。

ニタニタしながら持ち帰った息子、すぐにLINEで写真を送ってきた。
f0041909_17561317.jpg
孫ちゃんはお手伝いです。
f0041909_06414663.jpg
プリンも得意になって乗っています。
f0041909_06413790.jpg
嬉しそうな二人+プリンですが
またガラクタを持ち込んでお嫁さんが嘆いているだろうなァ〜…。
(だって、ビールも2ケース持って帰ったのです。
中身が入っているのが数本ありましたが後は空き瓶
またビール造りをするそうです)

息子宅には車2台、は外に駐車、
車庫の中にはハーレーと息子のおもちゃ…ガラクタとも言う
(なんでも集めるのが好き)が山になっているようで
息子の物で家は潰れるかもしれないよ。


長男のおかげで納戸が少し片付きました。今度は開かずの間の片付けです。


by fu-and-boro | 2016-04-22 13:54 | Comments(10)

今週のアレンジ教室

今週のアレンジはランの花「バンダ」を菖蒲の花に見立て
菖蒲の花の咲いた水辺の景色を表現しました。

タイのフラワーデザイナーによる作品です。
f0041909_15365392.jpg
これが「バンダ」パンダではありません、バンダです。
f0041909_15393312.jpg
このバンダを蓋つきの半透明のプラスチックの水入れ(保水キャップ)に入れ
針金をキャップに固定しグリーンのテープで巻き
フトイという花材の茎に刺し菖蒲として使いました。
見づらいかもしれませんが分かりますか?
f0041909_15394616.jpg
こどもの日が近くなると菖蒲の花のアレンジが多いですが
違うお花で作ってしまう…、こういうお花も楽しいです。
これが本当のアレンジですね。
いろいろなお花で楽しむのもいいものですよ。

by fu-and-boro | 2016-04-21 15:50 | アレジメント | Comments(10)

疲れた!

  • 昨日の母娘サロンは…… 疲れた!

叔母家族から届いたタケノコ。
サロンのお昼はタケノコご飯、タケノコの土佐煮、で頂きました。
でも私たちばかりがご馳走になるわけには…。
弟の分、、そして三女の家族の分と 再度調理。
キッチンに立ち通しの私、 疲れました。
(妹二人、料理は苦手です)

そしてサロンが終わり帰り支度。

そこで母がやってくれましたよ,
せっかちな母は靴をきちんと履かないでサンダルのように突っ掛けただけで
歩き出したのです。
転んでしまいました。
みんなが母のそばにいたのですがお互いに誰かが母を支えていると
思っていたようで、それはスローモーションを見ているように転びました。

いつも妹は1人で何処にでも行こうとする母に目を配らせているのですが
昨日はみんながいるので目を離してしまった。

大事にはなりませんでしたが今日は体が痛いのでは?

妹の苦労がわかります、目が離せません。

そのようなことがあり、昨日は疲れ果てました。
そして今朝一番にコメントし、投稿しようと………操作していたら…、消えた!
コメントがぜんぶきえた!
写真がないので攻めてカラーで投稿をと思い色を探しているうちに
コメントが全部消えてしまった。
このコメント、やり直しコメント…、今日もまた疲れ果てました。
(iPadからの投稿、まだ慣れません、やはりPCが欲しい)

これから出かけます、コメント頂いているのに返事ができません。
帰ってきてからしますね。ごめんなさい。

by fu-and-boro | 2016-04-20 09:51 | Comments(6)

たけのこ

毎年送られてくるたけのこが今年も来ましたよ。
f0041909_17010203.jpg
これは何十年も前から東京、町田市にいる叔母が
母のところに送ってくれていました。
叔母は10年ほど前に亡くなりましたがいとこが
引き継いで送ってくれるようになり今に至っています。

ドンと送られてくるたけのこ、
叔母が送ってくれているときはタケノコの他にいろいな物が入っていました 。
(母のお姉さん、実家の母が子供に小包を送るようにお菓子や飴、少しのお米が
入っていたことも、本当に笑みがこぼれるよなものがたくさん入っていました)
その時のタケノコは2〜3本、ちょうど良い本数で美味しくいただけたのですが
いとこが産地直送で送ってくれるようになり
10本ほどのたけのこを持て余すようになりました。
近所に配るのが大変、近所も旬の筍は送られてくるのです。
(北海道では孟宗たけのこは取れません)
ところが3〜4年前の元気ばばさんのブログでたけのこの冷凍保存のことが
出ていたのです。

茹でたたけのこを5ミリ〜1センチほどの薄さに切り砂糖をまぶして冷凍保存。
ただこれだけですがものすごく重宝しています。

早速、保存に取り掛かり、終了しました。
明日、妹が半分取りにくることでしょう。

従姉妹さん、ありがとうね。
これでお正月まで食べることができますよ。
来年もよろしくね。

by fu-and-boro | 2016-04-18 18:17 | Comments(12)